2/16/2010

[&] xtel: Ubiquitous Content Project

xtel: Ubiquitous Content Project: ユビキタスコンテンツシンポジウム 2010 開催のお知らせ

xtel
ユビキタスコンテンツ制作支援システムの研究

[以下敬称省略]

石黒:次のメディアは遠隔コントロールできる新しい携帯電話
奥出:直感的にやることを整理してあげると、皆が使える道具になる。
   親しみやすいデザインとは、ユーザビリティを超えた世界。
山中:形を描こうとしてはいけない。
   構造を描くことによって自然に形が生まれる。
稲蔭:生活空間に誰しもが持っているものを使ってどう見せるか。
   だれもが持っているものを進化させる。

-------------------------------------------------
創造社会到来
 日常の中の非日常
 
クリエイティブな活動が社会的にも重要に。
ひとつのデザイン的な建築で世界的な注目をあびるきっかけになったり。
生活に密着した生活者のための実空間に根ざしたコンテンツ
生活の中でふとした驚きや楽しさをういmだし足り、没入的な感覚ではなく、
長い時間をかけてじっくりと体験を生み出したりという
生活の豊かさそのものに関わるコンテンツ

デザイン理論(哲学/方法論)
コンテンツの製作 事例の実証
制作支援システム 環境の整備
ユビキタス/コンテンツ新領域の創出

スペインのホテルのロビー (josonbruges.com) 擬似的な陰を生み出す壁
オーストリにある建物 (www.bix.at) 建物全体がディスプレイになる。
ブティックのインテリア。行動に反応する照明 (electroland.net)

空間の中に楽しさをどう演出するのか?
センサー、アクチュエーターの投入で生まれつつある。
人の会話、人の発表によってライティングが変わることも自動的にできる。
新しい空間づくりの技術開発と、技術をつかったコンテンツ開発をすすめている。

xtel (moXa, Talktic, Entity collaborator, Life)
moXa: 小型のネットワークコンピュータ。
    床に埋め込むとかマイクに埋め込むなど。
Talktic : コンテンツアプリケーションの実行開発環境。
    画面を制御するように部屋を制御できる。
ENtity collaborator : コンテンツ同士の交換ネットワーク
Life : 活動の経験をどうやって生かしていくのか。
    コンテンツの経験をLifeシステムに蓄積する。
Xtel with xtunnel : 小型無線ノードからのウェブアクセスを実現

ユビキタスコンテンツ理論
 Design Thinking to Sketching Hardware

最新のもの
 フリミフラズミ:ミラノ・サローネ サテリテ部門に採択

どう製品化していくのか、社会へ貢献していくのか、
足りない研究は何なのか?

本研究は JST の CREST 事業として 5ヵ年活動
-------------------------------------------------------------------------
「親しみのデザイン」
石黒浩:大阪大学基礎工学研究科システム創成専攻

アルスエレクトロニカで展示以降、アート的なものも面白くなってきた。
ロボットをやっていると「いつこういう時代がくるのですか」と聞かれる。
評論家では無いので、そんなことはわからないが、
明日にでもそういう時代が来る。5年後?10年後?
人とロボットの関わりを研究したり、センサーネットワークを開発したりしている。
そういう未来がくるのかな?
アランケイに情報化社会がくるのですか?と聞いたら、
自分は思い描いた世界を作ったので、お前も作れと言われた。

ショッピングモールでロボットが案内したり、
アシモが店員のカフェとか。
実証実験にこだわる理由がある。
人とどう関わるのか?一番疑問で、一番難しい部分が
研究室の中ではわからない。実証実験にこだわって研究してきた。

ロボットへの疑問。
見かけ、動き、近く、対話、発達するソフトウェア、生体模倣型メカニズム。
人間型のロボットでサービスしようとしており、結局は人間を求めている。
ロボットを作りながら問題を考えていく。
ぶつかる問題も難しい。

見かけと動きの基本問題、人間らしさ、人間らしい存在感、
人間のような発達機能。
人がロボットを作っているに関わらず、動きばかり研究している。
人は見かけを重視する。
奇麗なお姉さんをみて、動きがカッコイイと思うことは少ない。

不気味なアンドロイド。
 世界で最初の4歳児のアンドロイド。
 頭部にのみモータを埋めこむ。
 最初に娘がアンドロイドに対面したら、ものすごく怖がった。

不気味の谷
 人間に近づく直前で不気味になる(不気味の谷)

女性のアンドロイドの開発(with 株式会社ココロ)
 無意識的動作はアンドロイドを非常に人間らしくするが、
 脳の専門家は不自然さを指摘する。
 人間は心の状態を持つため、その反応動作はより複雑
 改良するためには脳科学や認知科学の研究が必要。
 (頭を叩いても反応しない)

不気味の谷は超えたが、何か違うところが残る。

ジェミノイドの開発
 人間のように対話可能なアンドロイドの開発。
 遠隔地で「存在」するためのメディア(通信機)
インターネットを介した世界中からの遠隔操作
 2つのモニタ(ジェミノイドの体と相手)を見て話をする
動かないジェミノイドは立体鏡
しかし自分の動きを見ても自分だと思えない
 自分の動きは実は良くわかっていない。
頬を触られると感じる。他の感覚も補完される。

実は見かけで無いことに気づいた。
人間と変わらない自然な会議。
学生は教授の権威までも感じる。
子供と遊ぶ。子供はすぐに適応する。人として受け入れる。
父親としてのジェミノイド「偽物のパパ」と呼ばれる。

盲人と対話する @アルスエレクトロニカ
カフェの中のジェミノイド(日本から遠隔操作していた)
半分くらいのひとは気づかない。

携帯電話に続く新しいメディアとしてのジェイノイド
レストランで携帯電話で話す怒られるがジェミノイドに話すのはOK.
ジェミノイドを通して恋愛できるか?
次のメディアは遠隔コントロールできる新しい携帯電話。

映画「サロゲート」のオープニングシーンに謎のロボットとして登場。
このままサロゲートの世界がやってくるわけでは無い。
映画の中で何を想うか?

あなたは、あなたのサロゲートに似ている。
本当の君が欲しい。君の心はどこにあるの?

化粧は(サロゲートは)人を変えるのか?
精神は体に(ロボットに)宿るのか?
人とは何か?

ATRの所長に「ジェミノイドに似ているね?」と言われる。
化粧が進化したものがサロゲート?

現実は人間の創造を超える。
サロゲートの世界は遠からずやってきる。
SF映画は絵空事から、近未来の思考実験の場にかわってきた。
しかし、現実は映画以上にまれである。
悲しむアンドロイド、人間のような豊かなアンドロイドの表情がつくれる。

アンドロイドによる死の表現。
死んでいくアンドロイドは人にしか見えない。
修理を受けるアンドロイドを見ても生々しさを感じる。
解体されるアンドロイドは人間を強く意識させる。芸術か?

アンドロイドは人よりも人らしい。
ロボット演劇(心の表現)
 役者には心は必要ない。ロボットでも十分心を表現できる。
 ロボットは単純なプログラムに従って動いただけ。
 ロボットの演技にほとんどの観客が人間らしい心を感じる。

人よりも人らしい人を造る。
 人間のマキシマルデザイン
 人間よりも豊かな表情 
 
人間の最低限の形。ミニマルデザイン(挑戦)
人間から人間には必ずしも必要ではない部分をそぎ落とした形。

人とは何か?何が人を人間たらしめているのか?
 体を機械に置き換えた人間に残るものは何か?
 心の実体を持たないに人間には何が残るのか?
 人間にミニマルデザイン(最低限の形)はあるのか?

メディアとしての人間とは何か?
 人は自分のことを他人ほどしらない。
 心は互いに持っていると思う故に、自分にもあると感じる
(相手がいないと自分がわからない)
 人間は社会的な存在である。
 脳と体は密に繋がっていない故に、
 情報/機械と融合できる(メディア/人間社会)

-----------------------------------------------------------------------------
道具としての親しみ (Naohito Okude - Experience Design)

人間と機械とのインタラクションの中に、生きている感覚。
機械の道具としての親しみやすさがある。

アンドロイドと社会
 仮象少史 - 古代かコンピュータ時代まで(ノルベルトボルツ)
 まさに機械と人間という関係。身体性を感じるか。

日常世界と経験
 経験デザインと親しみやすさ。
 親しみを生み出す道具をデザインする。

人間は経験がある。経験を何らかのメディアとしてくれるのが道具。
人間を何かの経験をさせるのが価値だということに気づいた。
スターバックスでコーヒーを飲むこと。高価なコーヒーでも、そこで経験することに意味がある。
Nike はなぜ Nike なのか、ランニングしている人へのメッセージを発している。
シューズを買うことだけではなく、ランニングコニュティに属していることを思い起こさせる。
ハーレーダビッドソンに載るという経験を生み出す。中年で革ジャン。
ハーレーの物語が生まれた。会社のロゴを入れ墨にするくらい。

日常生活を生み出す。
ホスピタリティの演出と日常。
Service Design (A brief introduction to service desingn - live|work)
コミュニケーションが介在する。サービスをデザインする。
サービス思考。バスを待っている、銀行の列を待っているとき。

サービス産業はサービスを「もの」にしようとしている。
商品にしようとしているのでわからなくなってきている。
ものの魅力をデザインする。
Alvin Toffler
ものを使ってみて「親しみ」を感じる
ものをつかって「親しみ」をあたえる
つくることと使うことを分けて考えなくていい。

道具としてものを考える
 道具は使ったときに意味がでりう。

デザイン思考
消費者ではなくユーザーである。
 買って満足するのではなく、使って満足する。

サービス思考
 サービスの中心に人をおく

加賀屋(ホテル):道具としての心地よさ。

加賀屋の哲学と尾錠。
 哲学:笑顔で気配り
 客の気体に応える
 正確なサービスを心がける。
サービスの問題
 労働集約的で難しい。
 サービスを可能にするネットワークを構築する。
 台所から客室まで配膳するトレイロボット
 コンセプト:ハイテク/ハイタッチ
客室中心のシステム
客室係がきめ細やかなサービスをするためのデータベース
継続的なサービスが出来るように従業員を支援するシステムを構築

◆道具としての親しみやすさ
 
親しみやすい道具をつくる7つのステップ

1. サービスデザイン
 サービスデザインとは様々な「タッチポイント」を使って
 人々に触れることのできない経験をある程度の時間の中で
 提供する仕組みをデザインすることである。
 デザイン思考方法論を使う。

2. サービスエコロジーをみつける
 サービスエコロジーとはサービスとそれが提供されている
 民族誌的調査を行なう。
 医療行為によって感謝が発生している。
 彼らの世界とのタッチポイントを見つけないと行けない。
 どうやって医療従事者が患者をみているのか?

3. Touch Point
 ペーパープロトタイプ。動かしてみる。形が見えてくる。

4. ものではなくサービスを望む
 親しみをあたえてくれる「もの」を求めるにではなく、
 親しみのサービスを望む(service envy) ように演出していく。
 ここが一番難しい。
 モデル分析

5. 実証する
 開発した道具をどうつかってもらえるのか?
 ペルソナを作成する。
 患者、医師、ヘルパー、全てのペルソナをつくった。
 シナリオをつくる。

6. 経験をプロトタイプする
 顧客とサービスを提供する専門家に実際に使ってもらいながら
 デモをしてフィードバックをもらう
 何も言わないで使ってもらう。いきなり使い始められるか?
 在宅医療という目的がはっきりしているところで検証した。

7. 検証モデル。
 実際にどういう形でサービスを提供するのか?
 過去から存在していたかのように使ってもらえるのか?
 当たり前の項目があたりまえに使えること。
 フィールドテスト
 
ヘルスケアという特定の状況。
日常生活は非常に複雑なことを行なっている。
体験があると思い込んでいる。
inter subjectivity のポイントをつかんでインタラクションに
持ち込んでいても、日常と変わらないのですぐ使える。

コンピュータの設計は、システムを使うと物事が解決する。
直感的にやることを整理してあげると、
皆が使える道具になる。
カンナ(鉋)のような道具。

人間は均質で同じ運動している。
人間が端末を持って、複雑な世界にはいっていく。
人々と人々がコミュニケーションが積み重ねるところに
どう経験デザインをいれていくのか?
親しみやすいデザイン、ユーザビリティを超えた世界。

奥出:アートとエンジニアリングの境界線にデザインがある。
石黒:超えてはいけない一線は無い。やろうと思ったらやってしまう。

---------------------------------------------------------------------
山中俊治 美しさのデザイン

大学の時に機械工学科、卒業に6年かかった。漫画を書いてばかりいた。
漫画と機械工学の両方を生かせる仕事を探してプロダクトデザインに行き着いた。
日産のデザイン部に漫画をどっさり持ち込んで面接をうけた。
Nissan 945 のデザイン、その後独立して、時計のデザインなど。
一番皆さんに使ってもらっているのは、スイカの自動改札。

最初に設計する時に、どうやったら人がうまく使ってくれるのか考えた。
ほんの少し斜めにする、丸く光らせる。
それだけで劇的に認識率が高くなった。
スイカの改札、13.5度傾いている。その角度を決めたのは私。

W-SIM カード、カードそのものをデザイン。
時計の内部機構、そのものをデザイン
大根おろしのデザイン。
両手親指キーボード。NY MOMAのコレクションになった。

年配になるとデザインを辞めてしまう人もいるが、私はずっと続けている。
富士通に依頼されてつくった、携帯電話のコンセプトモデル。

その1:構造をデザインする

 形を描こうとしてはいけない。
 構造を描くことによって自然に形が生まれる。


絵を描くと輪郭線を書いてしまう。
昔書いていた漫画はスポーツマンガ。
重要なのは、構造、骨格がどうなっているのか描けると自然に人間の形が奇麗に描ける。
外観を造ろうとするのではなく、構造を自然に造ることでできる形が美しい。

 有機的なスタイルを与えることよりも、
 洗練された設計解の達成によって、
 結果的に有機的な印象になることの方が上位にある。


yumihiki.jpg

からくり人形:弓引き童子
玉屋庄兵衛、9代目、道具も全部自作。
最近になるまで内部構造を見せないものだった。
からくり人形の内部構造こそが美しいものを作ってみた。
加工性に応じて、様々な素材が使われている。
全部で 11本の糸が胴体の下にある。
カムが一本一本の糸をコントロールする。
イヌワシの羽が矢をまっすぐに飛ばすのが重要。

顔をのっぺらぼうになるよう提案した。
うっすらの鼻の部分が突起している。
玉屋氏は、まず顔から作っている。
図面書いて造らないとダメかと思ったが、
顔から全体が造られていく。
古き良き、デザイナー、エンジニアである。

◆美しいスポーツ義足
 現在手がけている。来週にも1本新しいものができてくる。
パラリンピック、人間に似せた義足ではなく、
人の足に似せるのをあきらめることによって、
性能が得られた。
その義足の構造が美しい。彼らの姿をスケッチしながら、
何ができるのかを考えていった。
新しい義足を造りつつある。

その2:生命感をデザインする

漫画が実物と似ない点において正に実物
自身よりも実物に似るというパラドクシカルな
言明はそのままに科学上の知識に適用することができる。
(大正13年、寺田寅彦「漫画と科学」)

この3体のロボットを造りながら探求してきたものは、
生き物の仕組みではない。
人がどんなものを生きていると認識するか、
つまり私たち人間にとっての「生き物っぽさ」の抽出である。

◆働かないロボット

ロボットはもともと「労働」の意味なので、矛盾した意味。

cyclops.jpg
Cyclops
2001 年に造ったロボット。愛知万博にも展示。
Cyclops の制作風景(takram の田川さんが作業している!)
動くものに反応してそっちを向く。人は何か知性のイリュージョンを感じる。
考え込んでいるのだろうか?と想い、皆が呼びかけする。
「ああそうか」ある意味での抽象化。
エッセンスを造ることが意味がある。

ephyra1.jpg
Ephyra
日本の繊維技術を示す展示。Sensware 。
4m のストッキングのような素材の中にアーム。
アームの先端には静電容量センサーがついていて、
人がさわったか触らないかで反応。
やわらかい動きに苦労した。
シリンダーに何秒後に伸びきるのか予想させて、
伸びきる少し前に勢い良く収縮するような作りに。

photo1.jpg
Flagella
SFCの研究室で作ったもの。
曲がった素材を組み合わせ、
お互いに回転することで曲がっているように見せかけている。
SFCは機械工学が無い。本を紹介し、独習させ、作った。

その3:応答をデザインする。

レイテンシーが無いことが重要。
メディアアートの場合、やれる可能性を探してしまうので、
何かするのに、一瞬遅れる。
携帯電話でさえ、一瞬おくれる。
山口のミニマルインタフェース展用の案内システム。
穴の開いた紙が配られ、会場に設置されたテーブルに置くと、
オーバーラップして案内が表示される。
レイテンシーが無い。
言語的な制限、覚えなければいけないことがない。
失敗して困ったことにならない。
使い勝手を教えないでも使えるようになる。
案内システムが一番人気の展示になった。
紙がしわくちゃでおちゃんと

iPhone Baby
1歳半の子供が、iPhoneを使いこなしている。
手のサイズとの比較だと、iPad のようにも見える iPhone(笑

-----------------------------------------------------------------------
稲蔭正彦 xtel 21世紀型コンテンツのためのデザイン・エスセティクス

5年間、新しいデザインの領域を開拓しようとしてきたプロジェクト。
まとめのシンポジウム。美しいもの、心地良いものは何だろう?

iPhone baby に対抗するわけでは無いが、
動物達はとてもクリエイティブである。
 Monkey Painting (Hardcover) by Thierry Lenain
 巨匠の作品と比べるとたいてい間違える。
 When Elephants Paint
イルカも絵を描く?動物達はとてもクリエイティブ。
子供達にアーティストですか?と聞くと全員が手をあげる。
だんだん大人になると、アーティストでないと思ってしまう。
アーティストという職は楽で、自分がアーティストだと言えばアーティスト。

作品を作るときに大事にしているのは、プロセス。
作っては直し。作っては直す。
いかに早く繰り返すかが大事なポイント。
ラピットプロとタピング、いかにたくさん繰り返すかが
作品の優劣を決める。
Hagoromo Densetsu (Paris, France 2008) 舞台装置、映像。
セットでは出来ないことを映像でカバーする。

自分でアルゴリズムを作成し、反映してきたもの。
アーティストにとって、アカデミアの技術は、絵筆を開発するようなもの。
SFC入る前と後ではそれほど変わらない。
近未来のパフォーマンスを手がけている。
こういうコンテンツはスクリーンや舞台が主役。
生活の中にちょっとした、スナップサイズのコンテンツとして
作り出せないか。
映画は映画館にいって、2時間楽しむもの。

脇役としてのコンテンツ。
 ユビキタスコンテンツは、脇役として心豊かな生活を支援
 5 seconds of fun - 一瞬の癒し

生活とコンテンツ
 衣食住+楽
{行動的、視覚的、時間的 }コンテンツ

ユビキタスコンテンツのデザイン
 モノ・空間・情報をデザインする
 インタラクションをデザインする
 行為・行動をデザインする
 経験の連鎖をデザインする
 Collectivity をデザインする
 ストーリーをデザインする

インフォメーション・エスセティクス

データビジュアライゼーション、可視化。
美しく、興味深く可視化しないと人の興味をひかない。

SURROUNDINGSWELL
雨漏りをうけるバケツ。
フリミフラズミ。ミラノ・サローネ サテリテ部門に採択
局所的な天気予報がバケツの形の音と光で表現。
http://surroundings.sfc.keio.ac.jp/swell/

インタラクションのデザイン
どうやってインタラクションを促すかが重要。
生活の中でどうやって誘導するか?
「影の世界」影の中にキャラクタが表示される。

行為と行動のデザイン

Amagatana(雨刀)
傘を振るのは自然な行為。どうやってインタラクションに持ち込むか。

Panavi
フライパンが料理のアドバイザーになってくれる。
美味しい料理を作るプロセスを紹介。
生活空間に誰しもが持っているものを使ってどう見せるか。
だれもが持っているものを進化させる。

MYGLOBE
http://www.myglobe.jp/blog/
地球儀を進化させることができないか?
人が外で活動している経験を地図に引き戻せないか?
町を歩いていても、よく知っている道と知らない道がある。
認知地図。

Collectivity のデザイン
集合知。みんなの力でできることをデザイン。

Fleur(フルール:フランス語で花)
単なる照明器具ではなく、呼吸をしている。
膨らんだりしぼんだり、会話の盛り上がり度によって、変化する。
会話のスピードと合う、合わないことに気づくことがある。
パブリック空間とプライベート空間のスイッチ。

経験の連動。
連鎖をコンテンツに応用できないかと考えた。
Amagatana と Sound Candy の連動。

ストーリーのデザイン
 ライフスタイルは日々のストーリーの積み重ねである。 

Safe Social Networking
社会にどうやって使ってもらうのか。
かざすと建物の向こう側が見えるデバイス。
経験を蓄積する都市のコンテンツ化。

-----
Q(奥出)もともと違う分野から今の

山中:最初コンセプトを話しただけ。最初はギアひとつ知らないところから始まった。
   1年後には作れてしまった。適応能力の素晴らしさは驚きであった。
   そうやって鍛え上げて 1-2年すると居なくなってしまう。
稲蔭:大学に入って、学生と向き合うとき、教えるのではない、
   自分が学費を払わないといけないと思うくらい、アイデアをもらっている。
   学生がアイデアを出し、自分たちで作っている。
   自分は良きパートナー。「何々をやれ」とは言わない。
   大きな流れのを語る、コンテキストが固まってくる。

Q. 美学は意識している?

山中:僕はなにやっているんだろうと、考え続けている。
   美しいと思います。なんで?の問いが大切。
   シーンの直感。科学は抽象化概念を探している。
   美学は主観的に到達してしまう。アプローチは違うが
   我々が見ている中で、いつのまにか感覚的に
   健全さ、ものごとがうまくいっていること、
   起こっていることが明瞭に意識された時の直感。
   感情と正しく連動しているか。
   何に気づいて美しく感じているのか。
   「なんかいいから」という表現はダメ。
   作っている途中で分からなくなるからダメ。
   直感的に良いと思ったものが何だったのかを問いかける。
   それを言葉にできないといけない。

稲蔭:作家としてはスタイルが大切。複数の作品で1つの個性が大切。
   それが主張できないと一人前の作家とは言えない。
   うわべの色使いだけではな。
   どうやって魔法をかける。魅了する魔法のかけかたにスタイルがある。
   魔法のかけ方のスタイルを教えようとするが難しい。
   魔法の隠さないといけない部分を露出しないように。
   隠すことによって魔法が生じる。そうやって作品を仕上げていく。

山中:いろんなところに妖精や精霊がいる。
   それを皆が共有しているのがわかる。
   リアルな存在では無いが、ふと感じている直感のひとつ。
   
稲蔭:音楽の調律のようなもの。
   イマジネーションがどこかにいくとぶれてしまう。
   常に原点にもどす。

山中:ロボットでもセンサーや仕掛けが記憶にのこってしまい。
   同じ仕組みで何かしようとするが。
   生きているっぽい感じを表現する。センサーやコンピュータは隠す。
   ひとつ作ってしまうと、同じ仕掛けで似たようなものを作ってしまう。

Q. 人間の身体の動き、機械と身体の動きもデザインしている。
  インタラクションデザインで動きそのものはどうやってデザインしていく?

山中:昔スポーツマンガを書いていて、止まった絵だが、間が大切。
   どの瞬間を絵にしてもいいものではなく、人が印象的に思う「間」がある。
   それは実際に物を作っていても「間」やタイミング。
   身体は、重心の移動の瞬間がある。
   動的なところがつかめると動いているときに自然になる。
   そういう整理をちょっと入れてあげるだけの動きを美的直感でとらえる

稲蔭:もともと視覚メディアはビデオシンセサイザーから。
   時間には連続性がある。自分のイメージどうり作りたいときCG。
   CG は直感ではなく、思考でつくる。不連続ではなく、連続の錯覚。
   本質的にみると動きが違うことに気づく。
   本物そっくりに見えても動きが偽物に見える。
   考えながら作っているものに関しては、納得する動きが作れない。

Q. メカニカルな割には、時間の流れには敏感。
  頭の中でどうやって整理している?

山中:直感的にこうでないかと思ったことを単純に力学として理解することも重要。
   数学的な直感は大事。後で自分の美意識の裏付けになる。
   SFCは数学を教えないから....

メカニカルな数学的な動きを知った上で、もうひとつ上の段階で捉えないといけない。

稲蔭:クリエーターの立場から数学的にCGでは作れる。
   意外と自然界に無い動きに共感を有無ことが心地よい瞬間がある。
   それが見つかった時、その表現メディアの特性をとらえたことになる。
   実空間のコピーでしかない。
山中;最適化された何かが見つかるかもしれない。

実世界は複雑。CGはメカニカル空間。
僕らが持っている感覚の方が大きい。

稲蔭:実空間に無い空間での動きが新しい美学に繋がっているところもある。

Q: 複雑の物理現象を感じるときは?

山中;快感は、ある意味倒錯。
   子供はある種の食べ物を嫌う。
   大人になると、ちょっと危ない食事を味わうことが美食になってくる。
   完璧に動作しているものだけではなく、
   不自然と自然の間の絶妙なところを生み出す。

稲蔭:人間の本質は変わっていない。
   ストーリーを考えるときは予期させた結末と意外性の結末の微妙なバランス

山中:確かに少し前までは、モダンデザインで見逃していることがある気がしてきた、
   ひととおりやってしまうと、
   テクノロジーが未熟だったから、モダンデザインになった。
   最新テクノロジーで脱モダンデザインが可能になる。

Q. 心がけていること

山中:ひとつは、作家として気がついたこと。
   仲間と作らざるを得ないとき、人と作らざるを得ないとき、
   自分が一番わかっていて、それに従わせようとするとうまくいかない。
   自分が主導権を握ろうと無理をすると良くならない。
   いまいるメンバーで一番良いものを作るにはどうしたら良いかを考える。
   なにを人に期待すると最も良いものが作れるのかを考える。

稲蔭:違う文化圏、同じ人が組むとなにも生まれない。
   会話が成立しないようなバックグラウンドを持つ人と組むほうが何か生まれる。
   オペレーションが難しいが。
   2つのレイヤー。大きな流れ、ビジョンを持つちから。
   今作っているものを光らせる力を持つ。
   「何のため」という大きなビジョンを見失ってしまわないように。

山中:自分のアイデアを了解を得て、押し付けることもイイと思っている。
   自分の方が経験があるので、仕方が無いときもある。
   主導権争いは作家として本気で向き合う。

Q. 弟子として学びたいことと、師匠として学び取りたいことがある。

Q. 会場から:エンジニアとデザイナーとしての境界が自分の中にあるのか?

山中:エンジニアでもあり、サイエンティストでもありアーティストでもある。
  方法論が違う。主観をセンシティブにし、内製的なものを掘り返す。
  アーティスト的な作業。論文にもならない作業。
  これを終えると、実験やプロトタイプで検証しながら事実はなんであるのか
  客観化し、だれもが同じ言語でかたれるようになる。
  両方を混ぜない方がいい。
  エンジニアとアーティストが違う人ではなく、
  一人の人間がやることで到達できることがある。
  喧嘩しあうので、論理が主観を殺すときもある。
  人格の使い分けが大切。

稲蔭:レオナルドダビンチは天才だと思うが、
   日本には足りないのはエンジニアマインドもクリエイティブだと思うし、
   ビジネスにする新しい仕組みを思いつくのもクリエイティブだと思う。
   一人の中でこなせるし、一人だからこそ生まれるもの。
   アーティストでも、エンジニアでも、ビジネスマンでもある、
   だからこそクリエイティブな社会が生まれるので、分けることには意味が無い。

Q: 会場から:構造をデザインする。iPhone を考えたとき、
 ネットワークに作業させる、空っぽな構造になってしまう時、モノのデザインは?

山中:せいぜい手触りの良い背面がついているだけ。
 Apple は良く理解している。ボタンが 2個あるといろいろできるのになぜ?と学生はいい。
 Apple が言語的なルールをつけない。
 2個ボタンがあるとルールを決めないといけない。
iPhone はそれをしていないから赤ん坊でも使える。
 そこで何を言えるかというと、あらゆることをソフトウェアで実現する思想。
 ユーザインタフェースをソフトウェアで実現する。ハードウェアはそれを支える。
 フィジカルな構造が非常に重要になってくる。それはソフトウェアで解決しない。
 デザインがソフトウェアになってくるとき、
 ソフトウェアを含めた「フィジカル」をデザインするのが大切。

2/10/2010

[&] 3D VIERA

DSC09419.JPG
DSC09434.JPG

VT2シリーズ | プラズマテレビ/液晶テレビ 「VIERA(ビエラ)」 | Panasonic

CEDEC や CES でお目見えしていた立体視用テレビ Panasonic 3D VIERA
VIERA VT2 シリーズ (54inch, 50inch) と
3D対応 Blu-Ray DIGA が4月23日に発売開始とのことで、
一足早く実物を観てきました。

まず、アクティブシャッターグラス(液晶シャッター眼鏡)が
サングラス風にカッコ良くなっていました。
Xpand3D の重くて不評な眼鏡に比べて、10g くらい軽いだけの 63g
らしいのですが、圧倒的にかけ心地良し。
眼鏡かけている人は、眼鏡の上部に立体視眼鏡がひっかかる仕組みがあって、
重さが自分の眼鏡に分散されて耳が痛くなることもない。
ボタン電池 CR2032 で約100時間弱くらい。実売 1万円くらいとのこと。
また、鼻の上に載る部分を調整できるので、子供でもかけやすいらしい。

あと、3D VIERA の方は、部屋を真っ暗にして観たせいもありますが、
黒色のしまり具合や、反対側の目用の映像がもう反対側に漏れるクロストークも
皆無で、数ヶ月前に 3D VIERA のプロトタイプを観たときよりも
格段に見栄えが良くなっているのがありありと分かりました。

もちろん両目視差で立体視を感じる部分もあるのですが、
背景の深黒が見えると、それだけで奥行き感が増します。
画面はいわゆるグロス表面でテカテカなのですが、
あまりに黒味が黒いため、まるでマットな画面に見えるのです。

その他、細かいいろいろなこと....

 ● 3D対応 Blu-Ray では MPEG MVC によって普通に考えると
  2倍の情報量になるものを
  1.5倍程度に圧縮して Blu-Ray に記録しているそう。
  この利点は、2D(立体視でない)プレイヤーでも観られることと、
  映像を詰め込みすぎて、画質が落ちるということも無いそう。
  (左目映像だけを再生すると、2D用 Blu-Ray と全く同じ画質)
 ● 旧 DIGA では残念ながらファームのアップデートで立体視に対応するのは無理。
 ● 静止画対応は、考えているけど、今はまだとのこと。
  Fujifilm の立体視デジカメは、
  撮影できる視差がきつすぎてテレビには向かないそう。
  8インチの立体視フォトフレームで観るのに最適化されている。
  いずれ、3Dテレビに最適な3Dデジカメを夢見て、
  有志で立体視写真コンテストをしているそう。
 ● もちろん BS11 の Side-by-Side 形式の立体視放送にも対応。
  今のところ残念なのはリモコンで方式を切り替えなければいけないところ。
  これもいずれは規格化して全自動で。
 ● インターネット上の動画コンテンツにも対応しているので、
  YouTube の立体視オプションにも対応。
  YouTubeの立体視は、Google の 20% ルールのもとで開発されているので、
  開発の進みが遅いし、赤青が逆だったりもするけど、今後に期待。
 ● Panasonic は現在ハリウッドにオーサリングスタジオ(研究所)を持っており、
  この分野を広める役目を担っている。
  今後は SONY はもとより Deluxe Entertainment や
  Sonic Solutions にがんばって欲しい。
 ● 立体視撮影時の左右のカメラが上下にちょっとでもずれると気持ち悪くなる。
  左右のカメラがねじれる映像もダメ。
  これは国立天文台の 4D2U プロジェクト でも
  検証/実感されたことでした。3D VIERA で宇宙を表示してみたいな。
 ● 左右同じ見栄えで立体感を感じるよりも、実は左右の目で見たときの
  わずかな質感の違いで、より立体感を感じているのではないかという話。
  フルCGでレンダリングした立体視映像の、
  左右の目用にシェーダーを書き換える技もこの理由なのかもしれない。
 ● あと PACE の話も出たけど忘れた。
 ● 立体感をつけようと左右のカメラを離すと映像は箱庭現象により小さく見える。
  これは、人間の目の感覚が 6.5cm 程度なのに比べて巨人の目になっているから。
 ● 遠くのものをズームした状態で立体視撮影すると、書き割り風の薄っぺらな
  オブジェクトに見える。これはズームの度合いや被写界深度(ピント)との
  バランスで編み出されるもので、どのくらいの薄さになるのか計算できるそう。
  逆もあり、fujifilm の立体視デジカメで撮影したものは奥行き方向に厚く見える。

とにもかくにも、進行役の徳力さんの絶妙な合いの手と、
Panasonic 末次さんの技術者魂と心意気が感じられる試写会に感謝。
製品になる時にはさらに性能が向上していることと、
次回はこの 3D VIERA で AVATAR が観られることを期待しています〜

追記:YouTube の 3D(立体視) 対応はまだ公式のものではなくて、
Google の Pete 氏の 20%プロジェクトで進行中のもの。

yt3d:enable=true  立体視表示モードを ON にする。
yt3d:aspect=3:4 アスペクト比を設定する。
yt3d:swap=true 右目画像と左目画像を入れ替える。

アナグリフ(赤青)表示の時に、左右の目が逆転してしまうバグあり。
(眼鏡の方を反対にすればいい(笑

表示モードは
Red / Cyan Glasses: Full Color
Red / Cyan Glasses: Optimized (Dubois)
Red / Cyan Glasses: B&W
Amber / Blue Glasses: Full Color
Amber / Blue Glasses: B&W
Green / Magenta Glasses: Full Color
Green / Magenta Glasses: B&W
Parallel
Cross-eyed
Mirror Split
Left Image Only
Right Image Only

YouTube の中を (yt3d:enable=true) で検索すると、
いろいろ見つかります。

2/01/2010

[&] Digital Book 2010



iPad の発表で、ePub に注目し始めたけれど、
日本で ePub 展開するのはなんだか難しい気もしてきたので、
デジタル時代の本の新しい形を考えてみる。

前にも書いたけど、
「本」は印刷技術のおかげで今の「書籍」の形をとっているにすぎない、
未来の「本」はもっと違う読み方、使い方があるはず。

iPadの画面サイズが 4:3 なことから、
今時の映像(映画)に使うことはあまり考えてない気がする。
ターゲットは A4 や US Legal/Letter サイズの紙ってことだ。

まずは、書籍の模倣から逃れる。
既存のパソコン上で読むオンラインブックは、
ページめくりなど、どれも書籍を模倣している。
BakMagazine とか、無料でクオリティの高いビジュアルブックも、
結局は雑誌という形態の本を模倣している。

◆本の要素と電子書籍の要素を考えてみる〜

 ● 最初から順番に読む本、ぱらぱらと読む本、探しながら読む本
 ● 本のコレクションと、積ん読する本
 ● 主に横書き。でも縦書きも大切
 ● 新聞にはタイトル、見出し、リード、第1段落の概要、本文という
  分量とスコープを的確にしぼった書き方がある。
 ● 見開きではない、1ページだけであること。
  雑誌のレイアウトデザインは見開きで考えられている。
  一度に1ページしか観られない。
 ● どの文言、どの文末で、ページが変わるか。次のページに移るのか
 ● カラーと白黒、背景と文字とのコントラスト
 ● しおりの役目
 ● 本の厚さで把握する、どれだけ読み進んでいるかという安心感
 ● 嗜好品としての本
 ● 装丁の美しさ
 ● 読みやすい文字組み
 ● フォントの大きさと、行間の隙間
 ● 読みやすいフォントと見やすいフォント
 ● 読み間違えないフォント、単語を覚えやすいフォントなど特定用途
 ● 読みやすい本、覚えやすい本。
 ● 本のレイアウトの場所で書かれた内容を記憶している
 ● 出版日の関係で、海外の本が日本で読めなくなるなど、書籍リージョンの問題
 ● 本の特殊形態としての楽譜の役目
 ● 本の特殊形態として、裁縫の本、編み物の本とか

工学としての編集の大切さは電子書籍の時代も変わらずとても大切なもの。
電子書籍時代の「編集工学」の課題は何だろう。
オンラインメディアの編集とは違うもの。

そして図書館での電子書籍の扱いはどうなるのだろう?
ハリッポッター貸出の待ち行列に何百人も居たり、
図書館に1冊以上導入できないといった
書籍としての扱いとは大きく異なるのだろうか?

また、本に出会う方法も、青山ブックセンターや、カウブックスなどの
素敵な本にあふれたところで出会うことだけでなく、
Twitter での評判が気になったり、
本のことが書かれたものを読んで本を解説で選ぶことも重要になってくる。
一番信頼できるのは好みが似ている知人の評価だったりもする。

本に書かれた内容も、内容全部ではなく、センテンス一つ分の名言や、
技術的に役立つ引用などをきっかけに、
本全部を読みたくなる場合もあるだろう。

誰かが書いた文字の塊を読むことの楽しさは無くならない。
それは、書き手の文字を読み手が解釈して、
無限の想像力で解釈することができるからだ。

そして、電子書籍ならではの紙面レイアウトがあるハズ。
雑誌の場合、ページの見開きを考えて綿密にレイアウトデザインされている。
広告と本文、写真と文字との関係が絶妙なのだ。もちろんそこに書かれている内容が
面白く、役立たないと読まれないのだが、
その「読ませる」テクニックが駆使されている
そのテクニックを詳しく知ったのは、Jan V. Whit 氏の書籍。
今は翻訳本も出ている。
達人の雑誌レイアウトには、見開きを考えた流れが生まれるのだ。必読の書。


編集デザインの発想法 -- 動的レイアウトのコツとツボ570

ということで、デジタルならではの「本」の形を示唆しているいくつかの映像を紹介しよう。
これを見たら、きっとなにかを作りたく、書きたくなってくるハズ。

Mag+ (Bonnier R&D concept video)


What is a Vook? Vook: Read it, Watch it.


Microsoft's Vision of the Future


Sports Illustrated - Tablet Demo 1.5


Wired iTablet Concept App


New York Times Mobile on Air 1.5


Microsoft Courier Booklet


Apple Tablet PC for IKEA?


CourseSmart Tablet Concept

1/30/2010

[&] iPad x iBooks x ePub



アップル - iPad - ウェブ、メール、写真を体験する最高の方法。

Apple iPad が発表された。
とても熱っぽく歓迎する声も聞こえれば、
単なるスペック比較に終始し、別にイノベーティブじゃないと言う人もいる。
 実はハードウェアメーカーなら誰でも作れそうなスペックで、
 それもマルチタスク無しで、単なるハードウェアだけではない
 「環境」を提示したのが iPad の凄いところ。

iPAD の商標を富士通が持っていることも、
実は話題を集める戦略なんじゃないかと思ってしまう。

←富士通のiPAD

日本では Wifi 版が 3月末、Wifi+3G版が 4月に発売になる(公式発表)。
Wifi-3G版の方は GPS が搭載されているから、
少し重いけどこっちを買うことになるのか?
... と僕自身もスペックを気にしていることに気づく。

発表から少し時間がたって、冷静に色々考えると、
iPad は iPhone と比べて、画面のサイズが縦横2倍づつ、
面積にして4倍の大きさになったことにすぎないことに気づく。

面積が 4倍の iPhone でうれしいことは何だ? それは「本」だ。
映画も大きな画面で観られるとうれしいけど、所詮はこのサイズ、
iPhone サイズだとパーソナルな視聴環境だけれど、
iPad だと一人だけの環境では無い。微妙なサイズと微妙な画質。
で、急に iPad と電子書籍の関係を調べだす。

iBooks の、なんとも気持ちの良さそうなページめくりのデモを見ながら、
Apple の iPad features のページの下にとても小さい文字で
"iBooks is available only in the U.S." と書いてあって、少し悲しくなる。
日本では iBooks Store は当分オープンしなさそうだが、
iPhone 用に書籍が出ていたように、アプリ化して販売するという道もあるだろう。

Jobs のキーノートスピーチで紹介された出版社は5社。
前日のテレビインタビューで iPad のことで口を滑らせた McGraw-Hill 社の名前は無い。
今頃、担当者がサンフランシスコの海に浮かんでいたりしないといいんだけど。

●Penguin
●HarperCollins
●SIMON & SCHUSTER
●macmillan
●hachette BOOK GROUP

◆Penguin http://www.penguin.com/
 - Wiki を活用した共同執筆の環境を推進している
 - 最近出版された全ての小説の第一章を無料ダウンロード可能にしている
 - Penguin Readers という多読用の書籍をたくさんだしているのもここかな?
 - 世界的には F1 本 がうけている

◆HarperCollins http://www.harpercollins.com/
 - メディア王マードックの News Corp の傘下の出版社
 - 児童教育書に強い
 - サラ・ペイリン氏の自叙伝の Amazon Kindle 化に反対
 - 紙の本を先に出版し、Amazon Kindle 版の出版を遅らせる戦略をとっている
 - Amazon の(事実上安価に売るしかない)価格決定権に不満を持っているらしい
 - 電子書籍のマルチメディア化(ビデオ再生など)の賛成派

◆SIMON & SCHUSTER http://www.simonandschuster.com/
 - ドキュメントのオンライン共有サイト Scribd Store に参加
 - Scribd は Kindle 対抗馬。販売価格は高め。半分以上のページの立ち読み可。
 - ビデオと書籍を合わせた Vook というサービスをはじめている。
 - iTunes AppStore で Vook 版のアプリ(115円〜1200円) がリリース
 - ギャング本で儲けて、犯罪被害者の会に寄付するなど、話題性あり

◆macmillan http://www.macmillan.com/
 - 百科事典で知られる英国の出版社
 - 文学、科学、法律など。つまりはリベラル・アーツに強い出版社ということか?
 - 自然科学系の雑誌のグループ会社を持つ
 - 希少本も多いらしい? よくわからない。

◆hachette BOOK GROUP http://www.hachettebookgroup.com/
 - 子供向け書籍や、ミュージシャンの自伝本や、図鑑、分冊百科事典など。エンターテインメント系に強い?
 - 電子書籍の発売を紙の本に比べて一ヶ月遅らせる戦略をとっている
 - ePub 推進派
 - フランスの出版社 Hachette Livre の傘下。フランス語・スペイン語の本に強い。
 - Time Warner Book Group を傘下に持つ
 - フランスを主軸とする世界一?の雑誌出版社

iPad の電子出版フォーマットは ePub.
Google Books も ePub を推進。
ePub は XHTML をベースとしたオープンな仕様で、インデックス付きの XHTML を zip でまとめたもの。
PDF と違って、画面サイズに依存しないのが特徴。表示中に文字を大きくしたりできる。
ePub を作れるツールとしては eCub, sigil,
市販ツールだと InDesign とか。InDesign で作成した書籍は
[Adobe Digital Editions] で雰囲気がわかる。

レイアウト、文字組がきちんとしているのであれば、
ePub でなくとも PDF でも十分読めると思うのだが、
Kindle の PDF 表示考えると拡大縮小はちょっときつそうな気がする。
心配なのは ePub の外字やルビや注釈、
教科書の漢文の返り点など日本語の特殊表記。
このあたりはさらに詳しく調べる必要がありそうだ。
ePub の DRM も Adobe の Content Server を使うものから、
なんちゃって DRM までいろいろあって、
iPad ではどうなるのだろう。iTunes の音楽ファイルと同じ感じなのだろうか?

iPad 上で動く iWork のデモをみると、
iPhone には無い、文字のレイアウトや文字詰めに関して
相当細かくコントロールできるように思える。
Core Text API 系が相当強化されているのであろう。

iPad の日本語フォントに関しては、全く心配していないのだが、
「縦書き」はどうなるのだろう? 新聞と小説は永遠に縦書きだと思うのだが。
横書きで、英文字混在で読みやすいフォントと、
縦書きでこそ読みやすいフォントは違う。
ヒラギノは縦書きと横書きで、かなのフォントが違う。
手書きで文字を書くとき、縦書きだと漢字が思い出せるけど、
横書きだと思い出せない時がある。なぜだろう。

Kindle International 版が DX も含み使えるようになったが、
Kindle日本語サービスの展開はここ1〜2年はしないらしい。
日本の出版社の、権利処理、電子書籍用データの準備、
新刊書籍と電子書籍版の同時発行の風潮といった
流れが確立するのを待っているのだろうか。

Apple には単なる電子書籍サービスだけではなく、
辞書や読書の新しい体験を生み出してほしい。
もちろん、この役目を果たさなければいけないのは、僕ら開発者なのかもしれないけれど。

本を読むこととは?
最初の1ページから順番に読むこと。
これはもちろん小説とかミステリーでは当然のこと。
技術書であれば、習熟度合によって読み始めるところが違ったり、
逆引き的に、必要なところのみつまみ食い的に読んだり。
連歌的な複数の人が書いたものを読み進んだり。
名言集みたいにどこから読んでも感銘をうけたり。
持っていることに意味があり、使うときには必ず検索するための本だったり。

「本」は印刷技術のおかげで今の「書籍」の形をとっているにすぎない、
未来の「本」はもっと違う読み方、
もっと違う使い方ができる「本」本来の姿を iPad の上で見てみたい。

新しい出版を考えると、電子書籍ならではの特装本や、
1000冊限定本など、電子出版ではあり得ない事柄がウケるかもしれないし。

と、4倍になった時のユーザインタフェースって何だろう。
両手分の面積と、本一冊分の大きさと重さ。
UI Design のパターンと、アンチパターンを集めるとしよう。

テクノロジーとリベラルアーツの交わるところに立ち位置を置いて。




( Photo by Hokayan )

追記:参考資料リンク

Open Publication Structure (OPS)日本語訳
Open Packaging Format (OPF)日本語訳
日本語組版処理の要件
日本語Epubブックサンプル(横浜工文社)
ePub validator

1/15/2010

[&] Tangible Bits / Hiroshi Ishii @ AXIS


MIT Media Lab - Tangible Media Group

Tangible の概念を主流のものとした MIT Media Lab の石井先生の講演、
Media Lab, 新しい建物が出来上がり、12月に引っ越したそう。
5億円寄付すると、部屋に自分の名前をつけることができるそうです。

石井先生定番の英単語と日本語のごちゃまぜ講演。
今回ならではの新しい気づきは
"atom hacker"
インテリジェントな新しい素材や材料が生まれるのを待たずに、
デザインを初めてしまおうという新しいプロジェクトについての紹介。
僕らの分野でもこれをヒントに何か新しいことができそうな予感がする。

-------------------------------------------------------------------
栄訣の朝 Tangible Bits / Hiroshi Ishii / MIT Media Laboratory
-------------------------------------------------------------------
なぜ自分が仕事にとりくんでいるのか、
どういう未来を考えているのかを
共有しながら、議論を頂けるとうれしい。

若い学生さん、デザイナーさんは?
未来は皆さんの上にある。
ぜひ、何か今日の講演から持って帰ってもらうものがあればうれしい。
どうぞ、割り込んで質問して欲しい。

英語、日本語、なんの言語でも。
デザイナーは一番こわいオーディエンス。
ビジネスマンと話すなら大丈夫なんだけど。

どういうテーマで話すか?
9つのテーマで話す。

「表現」
表現は本質的、ある種、どういう解釈をするのか。
宮沢賢治を例に紹介。
プロセスにひかれる。
明朝体9ポイントの奇麗な文字で読んだ。
宮沢賢治記念館で、手書きの原稿を読んだ。
苦労のプロセスが見て取れる。
身体の痕跡がキャプチャーされている。
その表現に深い感動を覚えた。
なぜ、文庫本、印刷でしか読むことができなかったのか。
大量印刷の中でそぎおとされてしまったもの。
表現者が嘆いたことを聞いたことはない。なぜ?
きわめて効率化されている。
標準化の中で消えてしまうもの。
本、フィジカルなもので持ち運ぶことができる。
なんども何度も読んだ、読み手の痕跡が文庫本には残る。
読み手の痕跡を残すことができる。
Kindle には痕跡さえ残せないものになっている。
表現者、鑑賞者の本質的なものを考える。

「想像」
感動は何から来るか。
いかにイマジネーションを喚起するか。

「感動」
何が感動させるか。
空想する隙間の無い完全なピクセルのハイビジョン映像ではない。
頭に浮かんだ想像にかなうテレビはない。
記憶を想起して作品として完成させるか。

「子瓶」
●musicBottles (jazz)
http://tangible.media.mit.edu/projects/musicbottles/
どうしてもあうボトルが無くて、
実際にガラスをふいて、検討した。
割るとおなじ物が得られない。一個しかないもの。
パーソナルな理由。
天気予報の入った個瓶を母親に贈りたかった。
(Origin :Weather Bottle)
醤油の瓶をあけると、香りが漂ってくる。
基本はマシンに触ることなく、理解をデザインする。
コンピュータを使いこなさないと仕事できない時代ではなく。

「表現」
粘土。
●Illuminating Clay
http://tangible.media.mit.edu/projects/illuminatingclay/
粘土ほど、フレキシブルなマテリアルは無い。
コンピュテーションできない。
粘土のアフォーダンスを生かしたプロジェクト。
新しいマテリアルになる。
光があたると、コンピューター的な表現ができるようになる。
ランドスケープデザイン、水がどの方向に流れていくのかを形で分かる。
レゴを使った実験。バーチャルな世界に即反映する。
フレキシブルにランドスケープに入り込む。

●Sand Scape
新しいテクニックで、ビーズを使った。
http://tangible.media.mit.edu/projects/sandscape/
子供に人気がある。
ガキのことの砂遊び。
ビーズが散らばって、拾い集めなければいけなかった。
インタラクティブな表面になりうる。
建築家ゲーリー。フィジカルなマテリアルを直接つかって設計し、
弟子が図面にする。
コンピュテーションは大きな役割を持っている。
上流のマニュピレーションしやすいのが本質的なもの。
デザイナーもアーティストも、Physical と Digital のどちらかを
選ばなければなかった。
ダンサー、コレオグラファー、
描くことは大切。
いったんデジタルに行ってしまうと、物理的なものが失われてしまい、
戻ることができなくなる。
すでにあるマテリアルのいいとこどりをして活用する。

「変化」
宿命だと思う。
スピードが速くなってくる。
企業と議論する一案のテーマ、
どこに向かっているのか?
ゲシュタルビューを持たないと自分の位置も見えなくなる。
変化していく大変な時期である。
大きくアンテナをはって、自分たちで未来を発信しつづける。
人々に対して、早期警戒システムとして機能しうる。

北斎の絵。
The Great Wave off Kanagawa (Hokusai 1832)
ファンドを集めないと行けない状況。
研究の価値を伝えるのが難しい。
静かに存在しているのが富士山。

Vision
Users' need
Technologies

客に欲しいものを聞いて、欲しいものが言えるようなのは未来ではない。
クォンタムリープ
自分たちが思い込んだものを作った。
周りに聞いても意味がない。
マーケティングは大切、売るためには大切だが。
ビジョンを支えるものは「アート」
アートから数多くのインスピレーションを得た。

なぜか?
ライフスパンを考える。
技術は1年で古くなる。
Application は 10年で古くなる。
Vision (Art) は 100年保つ。

0.5% 優れているものに青春を費やすのも大事だと思うが、
自分が居なくなっても貢献することに全力を尽くす。

新しいアプリケーション、価値観を作ることができる。

「存在」
基本的な仕事。
タンジブル、存在、確信させるもの。
存在の確かさ。映画みたことある?
バーチャルな世界に情報が吸い込まれる。
「鍵」鍵束は感じることができる。存在の確かさ。
どこにどのキーが有るのか分からない不確かさ。
いかに存在感の無いものに存在感を与えるのかがタンジブルの役目。
目は受け身で、情報を得ることができる。
クリエーターは自分の身体を使わないといけない。
手がとても大事。

Orrery : Tangible Representation of Knowledge
骨とか肉がきしみながら動く惑星時計。

いつもそろばんの例を出します。
そろばんは 10進数を表現している。単なる「玉」
入力と出力が一致している。

Tangible Bits
抽象的な情報に形を与えてみた。
GUI と TUI
Visual - Tactile
General Purpose - Special Purpose
Remote Control - Direct Manupilation
MIT に居たとき、マービン・ミンスキーと聞くと AI(人工知能)が 0.5 秒で思い浮かぶ。
世界のトップ 100 人の中にそういう反応が得られればテニュアとして認められる。

GUI と全く反対なものとして TUI を考えた。
結果的に GUI は水の底に情報が沈んでいる。
TUI は基本的なものは氷山として水の上に見えている。

「触」
InTouch
http://tangible.media.mit.edu/projects/intouch/
"Reach out and touch someone"
普通のオブジェクトをコントロールする。
ローラーとローラーがネットワークで繋がっていて、感じることができる。
自分の信号をおくりつつ、反発を感じることもできる。
それまでのテレプレゼンスをフェイクなんだがスクリーンの裏に表現しようとしていた。
表現せずに表現してみた。
見えない存在を見せる。
論文は落ちた。アーティストにはウケた。
ある種メタなコンセプトは科学の領域では扱えなく。
どう存在を示すのか?

「重力」
重力は我々を惑わせるもの。
もし Media Lab. が宇宙船だったら?
ある瞬間に無重力環境を作ることができる。
自由に想像ができる空間。
ブラックホールが突然現れて、予測不能なくらいなものが現れている。
Google がそう。
あちこにちブラックホールが現れている。
どう吸い込まれないように、宇宙航行していくのか?

思考の多くはメタフォリカル。
世界はメタ。
全てには意味があって、デコードすると、新しいジャンプが生まれる。

セキュリティがしっかりしている会社の人は?
会社から gmail もだめ、google docs もだめ、。。。。
ペリー提督の黒船。これが Google Wave.
会社は鎖国状態。
日本には出島があった。
出島に相当するものは何なのか?
核先制攻撃症候群?

こういう話を日々学生とディスカッションしている。
Media Lab は未来にかけている。
自分たちが欲しいという未来を規模が小さくてもいいので作っている。
デモする、気に入ってもらう。
それによって影響力を公使する。

少しの人が「緑がはやる」といえば、流行るけどそういうものじゃない。
The best way to predict the future is to invent it. (Alan Kay)

PingPong Plus
http://tangible.media.mit.edu/projects/pingpongplus/
卓球は相手にミスさせて勝つスポーツ。
もっと平和なものが作れないか?

はじめ MIT で落ち込んだ。学生の方がよっぽと優秀。
その時に卓球を思い出して、学生達に勝った。
卓球台を買うのに研究費を使ってしまったので、
ロンドンで卓球するのが仕事になっておいしかった。

深いことを言う。身体の痕跡。
卓球のラケットは、多くのことを語っている。
使い続けるうちに身体の一部になる。
全てがインビジブルになるのではなく、
二次的なツールは隠れていてい。

フォアグラウンドとアンビエントがこれからの課題。

「感動」
I/O Brush
http://web.media.mit.edu/~kimiko/iobrush/
Kimiko Ryokai
二週間で考えて作って論文書いたもの。
RGB のドライな色ではなく、現実世界の色から新しい織物を織れる。
鮮やかな色を見ると感動する。
その色を利用して、表現する。

絵画というのは二次元の世界にスタックしたもの。
アートから学び、アートに返そうとするもの。
大事なもの。
アートは熟成している。
技術で新しい多重のメディアを作ろうとしている。
人々をどうインスパイアするのか?
八百屋は素晴らしいパレット。これでどういう表現ができるか?
いかに人々をクリエーションに向かわせるのか。

「未来」
タンジブルの限界。
ピクセルはスクリーンの上で自由に扱える。
atom は形は変わらない。
夢見ているのは、将来きっとマテリアルが変化し、
プログラマブルのマテリアルができる。

atom hacker が現れ、とんでもないマテリアルを作るハズ
テクノロジーが来るのを待たずに、デザインしてみる。

餅:簡単にコントロールできないけど、形が変化する。
そんなマテリアルがあった時に、何ができるのか?

また始めたばっかりのプロジェクト。

「空想」
SF読む人! 〜いいですね〜

「光陰」
I/O Bulb and Luminous Room
http://tangible.media.mit.edu/projects/luminousroom/
風(流体)の表現を見ることができる。
はじめてタンジブルが行けそうなことがわかったあ。

2054 Minority Report
MIT の卒業生 John Underkoffler がデザインしたもの。

g-speak
http://web.mit.edu/invent/iow/underkoffler.html



John Underkoffler が院生だったときに考えたもの。
空間に充満する情報を自由に操作できる。
John はトムクルーズを使ってデモビデオを作った。

The Future is Already Here - It's Just Not Evenly Distributed (William Gibson)

「独創」
何が大事か?

 本質的な問いを発することが重要
 独自の視点から新しい本質的問題を見いだし、新領域を開拓すること

 ビジョンがエンジン
 技術/ニーズ駆動

「協創」
デザイナーを雇う、アーティストを雇う、というのは間違い。
頭の中でアーティスト、エンジニア、頭の中で高速にスイッチしないといけない。
全部マスターはできないが、基本的に知ることはできる。

「競創」
NHK の対談で話が8時間もりあがった。

100m トラックを人より速く走ることは、
真の競創ではない、誰も分け入ったことの無い原野を一人切り開き、
まだ生まれていない道を一人全力疾走することこそが競創だ。
そこには観客も審判もストップウォッチも存在しない。

「出る杭は打たれる」
「出過ぎた杭は誰も打てない」

「再起」
MIT に行ったときの条件。
ネグロポンテが提示したもの。
今までの仕事を全部捨てろ。
その挑戦によって、タンジブルを始めた。

「燃料」
そのためには燃料がいる。
「飢餓」
そのための燃料は飢餓感。
ビジネスに飢餓感を持っているか。
食べられるか食べられないか瞬時に判断できるか。
それがものすごいボトルネック。

「屈辱」
屈辱はプライドが無いと屈辱にならない。
いつま返してやる。
竹内まりあ「マンハッタンキス」そういうマインドセット。
自分に対して誇りを持つと屈辱感が多くなるが、
そういう内燃機関を作る。

「誇り」
「情念」
長距離走。
「問」
「何故」という問いが大切。
5回、7回、問いを続ける。
「哲学」
哲学の次元までいく。普遍的。ここまでいくと Ph.D がとれる
「未来」
100の人がいれば、100の未来がある。
大事な未来。

The best way to predict the future is invent it.

2050年違うところに居ます。
2100年、ここに居る皆さんも亡くなります。
2200年、孫かひ孫がいっぱいいる人達に何を残せるか、
どのように思い出してもらいたいか。

「死後」
円満退職で人生がおしまいではない。
未来に何かを残す責任がある。

Q & A
過去最高の質問は「どうやったらスポンサーになれますか?」
新しい MIT Lab の建物ができました! 12/1 に引っ越したばかり。

Q:プロフェッショナルの仕事の流儀、100人の日本人の番組で感動しました。
 すごい館内を走り回っている印象。あれだけいろいろ考えているのになんで走り回れるのか?
 なぜ走り回る?
A: Life is Short のこっている時間が少ないから。
  やりたいことがいっぱいあるから。1分一秒無駄にしたくない。
  ごはんと牛乳。
  MITは1分で病院に行ける。健康的な人生なんじゃない。

5億円で部屋に名前が残せます。

Q: メディアデザイン研究所。古川さんの研究室。
 ものごとの本質を見てデザインするという。楽しく話しをきくことができた。
 デザインをすると、意味を聞かれることが多い。
 アーティストは好きなことができる。

A: 人生そんなに甘くない。「デザインは語らない」
 アーティストは作品が語っているといいわけできる。
 デザインしたもののストーリーを語る努力をしなければいけない。
 ビジョンを語るには、戦略をたてて、理解して伝えないといけない。
 アーティストとして自己表現することと、未来に提示しないといけない。
 苦しみを喜びとして感じられるようになったら面白い仕事ができる。
 最終的に行き着くことは同じ。

Q: インターフェースの話。わからなかったもの。
  今の人、世界中で流行っているインタフェースはキーボード。
  地域によって違ったものがあった?
  筆とペンがあった。将来またできてくるのだろうか?

A: かつて色々な表現方法があった。
 一方でいろんなジェネラルなものではなく、スペシャルなもの。
 何が流行るというものではなく、新しいものを作るとそれが「筆」になる。
 どういう表現をするために、どういうものを作るのか?
 iphoneとも違うものを。
 スイスアーミーナイフ一本で料理するかというとそうではない。
 包丁もナイフもいろいろある。
 面白いもの。これからのスタンダードを提案していって欲しい。

Q: ポストタンジブルに関して。
  こたつ、そろばん、昔からあるものが好き。
  私たちがこれから使うもの、道具にビジョンが宿っている。
  こたつに家族があつまって YouTube が見られる?

A: 今はいろんな可能性がある。
  こたつで Youtube も実現できる。
 おもしろいだけのものを作るのは簡単。
 アーキテクチャが必要。
 まったく新しい、習うことができるランゲージを考えないといけない。

1/06/2010

[&] 2010 CES (CES Unveiled)

DSC04063.JPG
2010 CES: Press Events

CES 展示会は明後日からなのですが、
今日からすでににぎわってきています。
CES Unveiled で目玉展示をつまみ食い的に見ることができます。
明日からは1時間区切りのペースで、各社のプレスイベントが開催されます。
プレスイベントは、展示会だけだと見逃しがちな細かな製品や話題まで
しっかりと説明してもらえるところがいい点です。

DSC03762.JPG
DSC04037.JPG

entourage-edge という電子ブック。片面は電子ペーパーの白黒表示
片面は、カラー液晶の Android 画面。
本に書いてあるリンクをクリックすると液晶画面に画像や動画が映るという
もうこれは本の域を超えている。
折り畳んで片面使いもできる。タッチパネルにペンで書き込みもできる。

DSC04068.JPG
DSC04078.JPG
DSC04057.JPG

PARROT の空飛ぶヘリのオモチャ。iPhone でコントロールできる。
画面がなんとも AR っぽい。
iPhone が無くてもカラフルな筒を画像認識?して、高さをコントロールすることができる。

DSC04035.JPG

PocketRadar は手のひらサイズのスピードメーター。
走っている人の速さや、サッカーボールの速さとか、手軽に計れるようになる。

DSC04015.JPG

ThinkPad の新しいノート。思った以上にハイスペックで $899 とのこと。

DSC03995.JPG

ThinkPad の新しいネットブック。ARM ベースで Skylight Linux が載っている。
3G 対応で $499 とのこと。

DSC03820.JPG

marvell では Spring Design 製の nookじゃない方の電子ブックと
ARMADA の展示。
Spring Design の電子ブックは nook とそっくりだけど
(訴訟の経緯から考えて逆か。nook がそっくりなんだ)
nook を見て予想していたよりすごく薄くて、思ったよりも小さい。
下部の Android が動いている部分は普通の Android,
日本語の Web ページも表示できます。

DSC03782.JPG

置くだけで充電できる PowerMat

DSC03748.JPG

The Sharper Images の置くだけで iPhone が置き時計になるグッズ。
こういう脱力グッズがあるのも CES らしいところ。

DSC03743.JPG

VNA のフルキーボードつきゲームコントローラ。わけわからん。

そんなこんなで、CES レポート続きます.....

1/05/2010

[&] 2010 International CES


2010 International CES, January 7-10

CES 参加のため、Las Vegas に来ています。肌寒くて乾燥してる。

今年の目玉は、
DELL の Android 搭載ネットブック、
HTC や freescale も Android タブレットを出すらしい、
電子ブック系も Amazon Kindle に続いて各社リリースし始め、
Android と電子ブックのが注目株かな。
立体視関連は今年はさらに勢いを増してきそうだし、
エコを売りにした家電もますます多くなってきそう。

会場の様子は
[engadget] や
[c|net] が大量にレポータを送り込んでいるので、
網羅性は高いはず。

はてさて。CES は「未来」というよりも「今」を知るイベント。
今年も、だたっぴろい会場をひたすら歩きまわります〜