next up previous contents index
Next:A.3.2 Frame Buffer Capability Up: A.3 Window State Previous:A.3 Window State

A.3.1 Basic State

Name Type Set/Change Get Initial
number Integer - glutGetWindow top-level:glutCreateWindow (1)
sub-win:glutCreateSubWindow (1)
x Integer glutPositionWindow GLUT_WINDOW_X top-level:initWindowX (2)
sub-win:glutCreateSubWindow
y Integer glutPositionWindow GLUT_WINDOW_Y top-level:initWindowY (3)
sub-win:glutCreateSubWindow
width Integer glutReshapeWindow GLUT_WINDOW_WIDTH top-level:initWindowWidth (4)
sub-win:glutCreateSubWindow
height Integer glutReshapeWindow GLUT_WINDOW_HEIGHT top-level:initWindowHeight (5)
sub-win:glutCreateSubWindow
top-level: fullScreen Boolean glutFullScreen False
glutPositionWindow
glutReshapeWindow (6)
cursor Cursor glutSetCursor GLUT_WINDOW_CURSOR GLUT_CURSOR_INHERIT
stacking Stacking glutPopWindow - top
glutPushWindow
displayState State (7) glutShowWindow (8) - shown
glutHideWindow
glutIconifyWindow
visibility Visibility (9) (10) undefined
redisplay Boolean glutPostRedisplay (11) - False
top-level: windowTitle String glutWindowTitle - glutCreateWindwo
top-level: iconTitle String glutIconTitle - glutCreateWindwo
displayCallback Callback glutDisplayFunc - NULL (12)
reshapeCallback Callback glutReshapeFunc - NULL (13)
keyboardCallback Callback glutKeyboardFunc - NULL
mouseCallback Callback glutMouseFunc - NULL
motionCallback Callback glutMotionFunc - NULL
passiveCallback Callback glutPassiveMotionFunc - NULL
specialCallback Callback glutSpecialFunc - NULL
spaceballMotionCallback Callback glutSpaceballMotionFunc - NULL
spaceballRotateCallback Callback glutSpaceballRotateFunc - NULL
spaceballButtonCallback Callback glutSpaceballButtonFunc - NULL
buttonBoxCallback Callback glutButtonBoxFunc - NULL
dialsCallback Callback glutDialsFunc - NULL
tabletMotionCallback Callback glutTabletMotionFunc - NULL
tabletButtonCallback Callback glutTabletButtonFunc - NULL
visibilityCallback Callback glutVisibilityFunc - NULL
entryCallback Callback glutEntryFunc - NULL
cindex: colormap array of ColorCell glutSetColor glutGetColor undefined
windowParent Integer - GLUT_WINDOW_PARENT top-level:0
sub-win: (14)
numChildren Integer glutCreateSubWindow GLUT_NUM_CHILDREN 0
glutDestroyWindow
glutCopyColormap
leftMenu Integer glutAttachMenu - 0
glutDetachMenu
middleMenu Integer glutAttachMenu - 0
glutDetachMenu
rightMenu Integer glutAttachMenu - 0
glutDetachMenu

(1) ゼロよりも大きな,割り当てられていないウィンドウ・ナンバーの中から 動的に割り当てられます.
(2) initWindowX がゼロ以上の値であり,かつinitWindowY がゼロ以上の値であるような場合は initWindowX です. そうでなければウィンドウの位置はウィンドウシステムによって決定されます.
(3) initWindowY がゼロ以上の値であり,かつinitWindowX がゼロ以上の値であるような場合は initWindowYです.そうでなければ,ウィンドウの位置は ウィンドウシステムによって決定されます.
(4) initWindowWidth がゼロ以上の値であり,かつinitWindowHeight がゼロ以上の値であるような場合は initWindowWidthです. そうでなければ,ウィンドウのサイズはウィンドウシステムによって決定されます.
(5) initWindowHeight がゼロ以上の値であり,かつinitWindowWidth がゼロ以上の値であるような場合は initWindowHeight です.そうでなければ, ウィンドウのサイズはウィンドウシステムによって決定されます.
(6) glutFullScreenは真に設定します; glutPositionWindowglutReshapeWindow は偽に設定します.
(7) サブウィンドウはアイコン化することができません.
(8) ウィンドウシステム・イベントも displayState を変更できます.
(9) ウィンドウの visibility(可視性)はウィンドウシステムに依存するため, 変わる可能性があります. 例えば,新しいウィンドウはウィンドウを隠すかも知れません. glutPopWindowglutPushWindow は その副作用としてウィンドウの visibility に影響を及ぼすことがあります.
(10) glutVisibilityFunc によって設定された visibility コールバックによって, visibility のステートを追跡することができます.
(11) 再描画ステートは,glutRedisplayFuncにより明示的に, あるいはウィンドウシステムによるノーマル・プレーンへの再描画イベントに反応して 自動的に実行可能にすることができます.
(12) あるウィンドウのdisplayCallbackは, 最初のディスプレイ・コールバックが呼び出される前に再登録 されなければなりません (そうでないとプログラムが強制終了します).
(13) ほとんどのコールバックではNULLを指定すると何も行いませんが, reshapeCallbackNULLを指定すると, OpenGL のビューポートを完全なウィンドウ内部に描画するように, つまりglViewport(0,0,width, height)となるように設定します,
(14) glutCreateSubWindowの実行時に, currentWindow によって決定されます.


next up previous contents index
Next: A.3.2 Frame Buffer Capability Up: A.3 Window State Previous:A.3 Window State

Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996