next up previous contents index
Next: 1.5 Conventions Up: 1 Introduction Previous:1.3 API Version 2

1.4 API Version 3

さらにフィードバックにより,GLUT API version 3 を開発しました. 新しく加えられた機能は以下の通りです:

GLUT API version 3 は version 2 とほとんどの点で互換性があります. ただ,メニュー使用中にメニューを変更していたプログラムは, version 3 においては fatal error を生じますから注意してください.

他にも,GLUT 3.0 以前のプログラムはソースコードの修正を必要とします. GLUT 3.0 はもはや, ディスプレイ・コールバックが登録されなければウィンドウに表示させません. この変更は, それらの中に描画される方法を提供している GLUT アプリケーションが確実にないと, スクリーン上にウィンドウが表示されないことを示しています. この変更に関連して,  glutDisplayFunc NULLによるディスプレイ・コールバックの登録解除を許さなくなりました. ディスプレイ・コールバックの登録解除ができなくなりましたが, glutDisplayFunc に続くコールによって ディスプレイ・コールバックを変更することが可能です.

glutInitDisplayMode に対するディスプレイモードのマスク・パラメータと glutTimerFunc に対するミリ秒パラメータは unsigned int になりました(以前は unsigned long).


next up previous contents index
Next: 1.5 Conventions Up: 1 Introduction Previous:1.3 API Version 2
Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996