next up previous contents index
Next: 1.1 Background Up: GLUT APIversion 3 Previous: Contents

1 Introduction

OpenGL Utility Toolkit (GLUT) は ウィンドウ・システム非依存である OpenGL のプログラムを書くための, ANSI C および FORTRAN バインディングによるプログラミング・インタフェースです. このツールキットは以下のような機能を提供します:

X Window System に対する GLUT の,ANSI C によるインプリメンテーション [13] が著者によってインプリメントされています. Windows NT や OS/2 用の GLUT も利用できます.

このドキュメントはスペック及びプログラミング・ガイドのいずれにも役立ちます. GLUT を用いたプログラミングへの短い解説に興味があるなら,   The X Journal 誌に印刷された OpenGL を紹介したコラム [8] を探してみてください.

この節の残りは,GLUT の設計思想と使用法のモデルについて述べます. それ以降の節は機能によってグループ分けされたGLUT ルーチンについて述べます. 最後の節は使用上のアドバイス,FORTRAN バインディング, インプリメント上の問題点について述べます. 付録AはGLUTによって扱われるプログラマービジブルな論理的ステートを列挙し, 解説します. 付録 B はヘッダファイルを示すことで,ANSI C GLUT API について説明します. 付録 C はヘッダファイルを示すことによってFORTRAN GLUT API について説明します.



next up previous contents index
Next: 1.1 Background Up: GLUT APIversion 3 Previous:Contents

Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996