next up previous contents index
Next: 2.3 glutInitDisplayMode Up: 2 Initialization Previous:2.1 glutInit

2.2 glutInitWindowPosition, glutInitWindowSize

  glutInitWindowPosition   glutInitWindowSize はそれぞれ, 初期ウィンドウ位置初期ウィンドウサイズ を設定します.

Usage

void glutInitWindowSize(int width, int height);
void glutInitWindowPosition(int x, int y);
width
ウィンドウ幅(ピクセル値).
height
ウィンドウ高(ピクセル値).
x
ウィンドウ位置のX座標値(ピクセル値).
y
ウィンドウ位置のY座標値(ピクセル値).

Description

glutCreateWindow によって生成されるウィンドウは, カレントの 初期ウィンドウ位置 サイズとで 生成されるようリクエストされる.

初期ウィンドウ位置の初期 GLUT ステート値は (-1, -1)である. 初期ウィンドウ位置に対するXやY成分が負の場合は, 実際のウィンドウ位置はウィンドウ・システムに依存する. 初期ウィンドウサイズの初期 GLUT ステート値は 300x300である. 初期ウィンドウサイズは正でなければならない.

初期ウィンドウの位置サイズの値の意味は, ウィンドウシステムにウィンドウの初期の位置とサイズを提案するものであって, ウィンドウシステムはこの情報を使う義務はない.よって,GLUT プログラムは ウィンドウが記述されたサイズや位置で生成されると仮定する必要はない. GLUT プログラムは実際のウィンドウのサイズなどを決定するのにウィンドウ・ リシェイプ・コールバック関数を用いなければならない.


next up previous contents index
Next: 2.3 glutInitDisplayMode Up: 2 Initialization Previous:2.1 glutInit
Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996