next up previous contents index
Next: 7.10 glutSpaceballMotionFunc Up: 7 Callback Registration Previous:7.8 glutEntryFunc

7.9 glutSpecialFunc

 glutSpecialFuncカレントウィンドウに対し,特殊キー・コールバックを登録します.

Usage

void glutSpecialFunc(void (*func)(int key, int x, int y));
func
ユーザー定義の特殊キー・コールバック関数.

Description

glutSpecialFuncカレントウィンドウに対し, 特殊キー・コールバックを登録する. 特殊キー・コールバックはファンクションキーや矢印キーなどが 押された際に呼び出される. コールバックのパラメータkeyGLUT_KEY_* という形式の定数で,特殊キーの入力に対応している. コールバックのパラメータxyは キー入力があったときのマウスのウィンドウ座標系における位置を示す. 新しいウィンドウが生成されると, 特殊キー・コールバックは初期登録されず, 特殊キーをウィンドウ内で叩いても無視される. 引数NULLglutSpecialFuncに渡すと, 特殊キー・コールバックが働かなくなる.

特殊キー・コールバックの間, コールバックを生成したキーストロークが発生した際の モディファイヤ・キーの状態を知るために, glutGetModifiersがコールされる.

インプリメンテーションは全ての特殊キーGLUT_KEY_* を提供するように 力を尽くさなければならない. 利用可能な GLUT_KEY_* の値は以下の通り:

GLUT_KEY_F1
F1 function key.
GLUT_KEY_F2
F2 function key.
GLUT_KEY_F3
F3 function key.
GLUT_KEY_F4
F4 function key.
GLUT_KEY_F5
F5 function key.
GLUT_KEY_F6
F6 function key.
GLUT_KEY_F7
F7 function key.
GLUT_KEY_F8
F8 function key.
GLUT_KEY_F9
F9 function key.
GLUT_KEY_F10
F10 function key.
GLUT_KEY_F11
F11 function key.
GLUT_KEY_F12
F12 function key.
GLUT_KEY_LEFT
左矢印キー.
GLUT_KEY_UP
上矢印キー.
GLUT_KEY_RIGHT
右矢印キー.
GLUT_KEY_DOWN
下矢印キー.
GLUT_KEY_PAGE_UP
Page up キー.
GLUT_KEY_PAGE_DOWN
Page down キー.
GLUT_KEY_HOME
Home キー.
GLUT_KEY_END
End キー.
GLUT_KEY_INSERT
Inset キー.

エスケープ,バックスペース,デリートキーは ASCII キャラクターとして 生成されるという点に注意.


next up previous contents index
Next: 7.10 glutSpaceballMotionFunc Up: 7 Callback Registration Previous:7.8 glutEntryFunc

Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996