next up previous contents index
Next: 13.3 NULL Callback Up: 13 FORTRAN Binding Previous:13.1 Names for the

13.2 Font Naming Caveat

GLUTフォントはGLUTプログラム中へデータとして直接コンパイルされ, プログラムはその中にコンパイルされたフォントしか持つことができないので, GLUT_BITMAP_TIMES_ROMAN_24 のようなGLUTフォント名は 実際にシンボルであり, リンカは利用するフォントのみを組み込まなければなりません.

不幸なことに,最近の FORTRAN コンパイラは 宣言されたが使用されないEXTERNALデータをリンクしてしまうので, ``GL/fglut.h'' は GLUT フォント・シンボルを明示的には EXTERNAL宣言していません. GLUT フォント・シンボルを EXTERNAL で宣言してしまうことは, 全ての GLUT FORTRAN プログラムに対して 全ての GLUT フォントに対するデータを含むように強制してしまう, ということになります. GLUT FORTRAN プログラマーは使用する GLUT フォントを明示的に EXTERNAL 宣言しなければなりません.例えば:

        SUBROUTINE PRINTA
#include "GL/fglut.h"
        EXTERNAL GLUT_BITMAP_TIMES_ROMAN_24
        CALL glutBitmapCharacter(GLUT_BITMAP_TIMES_ROMAN_24, 65)
        END


next up previous contents index
Next: 13.3 NULL Callback Up: 13 FORTRAN Binding Previous:13.1 Names for the
Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996