next up previous contents index
Next: 13.1 Names for the Up: GLUT APIversion 3 Previous:12 Usage Advice

13 FORTRAN Binding

全ての GLUT の機能は,GLUT FORTRAN API でも利用することができます. GLUT FORTRAN binding は, OpenGL や GLU FORTRAN API と関連して用いられます.

GLUT ルーチンを用いる FORTRAN ルーチンは, GLUT FORTRAN ヘッダファイルをインクルードしなければなりません. これらのことは潜在的にシステムに依存していますが, Unix システムでは,通常は SUBROUTINEFUNCTION, あるいはPROGRAMをインクルードした行の後で

#include "GL/fglut.h"
とします.

FORTRAN 77 は,最初の6文字だけで識別するような仕様になっているのですが, GLUT FORTRAN binding(と OpenGL や GLU FORTRAN binding)は 識別子が6文字に制限されていないと仮定しています.

FORTRAN GLUT binding ライブラリ・アーカイブは Unix システムでは通常 libfglut.aとなっています. FORTRAN GLUT プログラムは, システムの OpenGL や GLUT ライブラリやそれぞれの FORTRAN binding ライブラリ など(そしてこれらのライブラリが依存しているライブラリ)をリンクする 必要があります. ウィンドウ・システム依存のライブラリのセットも GLUT プログラムにリンクする 必要があるでしょう. 例えば,X11 GLUT インプリメンテーションを用いているプログラムは, Xlib,X extension library,恐らくは X Input extension library, X miscellaneous utilities library,それから math library をリンクしなければ ならないでしょう. GLUT FORTRAN プログラムに対する X11/Unix のコンパイル・オプション例は 以下のようなものです:

  f77 -o foo foo.f -lfglut -lglut -lfGLU -lGLU -lfGL -lGL \
    -lXmu -lXi -lXext -lX11 -lm



next up previous contents index
Next: 13.1 Names for the Up: GLUT APIversion 3 Previous:12 Usage Advice
Mark Kilgard
Fri Feb 23 08:05:02 PST 1996